35歳超で妊娠率低下 原因は「卵子の老化」?

出産と子育て

2014/07/22 07:00

 一人目を自然に妊娠していると、夫婦の生殖機能には問題がないと考えがちだ。しかし、時間の経過とともに卵管や精子の異常が進行している場合もある。二人目不妊の考えられる原因について、長年不妊治療に携わってきた山王病院院長の堤治医師に聞いた。

あわせて読みたい

  • 「二人目不妊」は全不妊の3割 体外受精だけではない治療法とは

    「二人目不妊」は全不妊の3割 体外受精だけではない治療法とは

    週刊朝日

    7/17

    体外受精ダメでもその後自然妊娠 「腹腔鏡検査」はやるべき?

    体外受精ダメでもその後自然妊娠 「腹腔鏡検査」はやるべき?

    週刊朝日

    10/13

  • 増えつつある二人目不妊 原因は夫に?

    増えつつある二人目不妊 原因は夫に?

    出産準備サイト

    7/31

    精子の運動率を改善する手術とは?

    精子の運動率を改善する手術とは?

    週刊朝日

    7/22

  • 不妊リスク高める4つの要因 意外と知られていない喫煙と卵巣機能の関係

    不妊リスク高める4つの要因 意外と知られていない喫煙と卵巣機能の関係

    週刊朝日

    10/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す