織田裕二が『踊る大捜査線』以上の作品に出合えない理由 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

織田裕二が『踊る大捜査線』以上の作品に出合えない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#ドラマ

 ドラマ評論家の成馬零一氏は、スペシャルドラマとして放送された織田裕二氏主演作品についてこういう。

*  *  *
 連ドラが終わって2週間くらいは、新番組に移行するための端境期です。その間、いくつかのスペシャルドラマが放送されるのですが、なかでも面白かったのは織田裕二が初めて日本テレビのドラマで主演を務めた『奇跡の教室』です。

 舞台は、進学予備校・東京中央アカデミー。多額の借金を背負った、織田演じる僧侶・柳州二は、カリスマ予備校講師になることで借金返済を目論み、アカデミー講師に赴任します。しかし、そこはカリスマ講師たちがしのぎを削る弱肉強食の世界。柳は序盤で生徒たちの人気の獲得に失敗し、みるみる生徒数が減っていきます。巻き返しを図ろうと考えた柳は、他の講師陣の授業を分析するため、変装して受講します。そして、それぞれが独自の授業を展開して、人気を博していることに気がつきます。

 お馴染みの『踊る大捜査線』の大ヒット以降、織田裕二は木村拓哉や福山雅治と並ぶ、名前で数字(視聴率)を獲得できるスター俳優となりました。しかし『踊る~』シリーズが終了し、40代を迎えた今、織田は新たなステージへ移行しようと試行錯誤しています。

『踊る~』の青島刑事のような当たり役を得られたことは役者冥利に尽きるでしょう。しかし、役者としてのイメージが固定され、芸の幅が狭まってしまう危険性も伴います。近年の木村拓哉や福山雅治は、パブリックイメージをあえて背負うことで〝偉大なるマンネリ〟へと向かっているかのようですが、彼らと違い、根っからの役者である織田は、『外交官 黒田康作』でクールな外交官を演じたり、『Oh,My Dad!!』で、気の弱いシングルファーザーを演じたりすることで、新境地を獲得しようと挑戦しています。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい