声優のアイコ神いっき容疑者 複雑な「性」が変えた人生模様 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

声優のアイコ神いっき容疑者 複雑な「性」が変えた人生模様

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#男と女

 一昨年から都内で相次いだ「声優のアイコ」と名乗る女による昏睡強盗事件は、意外な展開をみせた。

 警視庁は今春、ひょう柄の帽子をかぶり、長い髪をいじるぶりっこなしぐさの、アヒル口の犯人の映像を流し、行方を追っていたが、捕まえてみれば、女は“オナベ”だったのだ。

 睡眠導入剤入りの酒を飲ませた相手から金品を奪ったとして、警視庁は7日、東京都杉並区の無職・神いっき容疑者(30)を昏睡強盗容疑で逮捕した。神容疑者と親交のあった飲食店店員の証言。

「神ちゃんはオナベなのよ。いつも男の子の服装で、自分のことは『オレ』って言う。女でいるのが嫌なタイプで、女装しているところなんて見たことがなかった。1年くらい前には、彼女っぽい女の子を連れていたけど、結局、神ちゃんが振ったみたい。忘れられない女の人がいると言っていたわ」

 神容疑者は生物学的性別は女性で、性の自己意識が男性という性同一性障害(FTM)とされ、自身のブログのプロフィル欄にも性別は男性と記していた。

「乳房を取る手術をしたけど、失敗して胸がまた膨らんできたと不満そうでした。下の手術はやってなかったみたい」(同飲食店店員)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい