サントリー新浪社長電撃就任 「プロ経営者」VS.「世襲社長」強いのはどっちだ

週刊朝日#仕事
「時代なんか、パッと変わる。」──30年前に自社のウイスキーにつけた名キャッチコピーさながらに、サントリーが変革に踏み出した。創業以来4代続いた名門の世襲企業が、コンビニ業界から新たなトップを迎えるというのだ。まさかの逆転人事に刺激され、「プロ経営者」旋風が日本に吹き荒れるのか。

「やってみなはれ」という創業者の言葉に背中を押されたのか、飲料国内最大手のサントリーホールディングスが6月24日、前代未聞の決断をした。

 コンビニ大手ローソンの新浪剛史会長(55)を社長に招き、10月1日付で就任すると発表したのだ。

 サントリーといえば、日本で初めてウイスキーの国産化に成功した由緒正しき企業。1899年の創業以来、創業家の鳥井家と佐治家から交互に、4代にわたり社長を出してきた。同社にとって、外部出身のトップは初めてだ。

 決断した佐治信忠会長兼社長(68)は新浪氏とは慶応義塾大学の先輩後輩で、10年以上前からゴルフを通じて親交を深めていたという。

「関西人の佐治さんは経団連系ではなく、若手経営者と馬が合った。新浪さんの国際性や手腕にほれ込み、白羽の矢を立てたそうです。新浪さんの出身母体である三菱商事にも話をつけているのではないか」(経済ジャーナリスト)

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック