お見合いする男の結婚観は「妻に料理をつくってもらえる」?

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

現代の肖像 春名風花 (eAERA) [Kindle版]

北原みのり著/今村拓馬写真

B00JR5M4VM
amazon.co.jp
 文筆家の北原みのり氏は、お見合いをしている女性に話を聞いて、こんなことを思ったという。

*  *  *
「婚活ブーム」だからなのだろうか。50回以上お見合いしたとか、お見合いで結婚した! という女性に最近たて続けに会っている。みな20代後半から30代前半。彼女たちに「若いのに何故結婚を急ぐの?」と聞けば、「若いからですよ」と切れ気味に返された。「35歳超えたら、結婚相手が見つからないです!」。……そういうものなのか。

 先日は、この2年間で50回近くお見合いをした30歳の女性に会った。業者に登録すれば定期的に男性が紹介されるのだという。

 彼女が言うには、どの業者でも、お見合いで人気なのは帝国ホテルのラウンジで、女性は白かベージュかピンクのワンピースを着ていくのが、「習わし」だとか。パンツはもってのほかで、女が保守的に見える方が、お見合いをスムーズに進められるのだ。普段はモード系の彼女も、お見合いの時はふんわりとしたピンクを着るのだという。

 それにしても50回もお見合いするなんて、本当は結婚したくないんじゃないの? 理想が高いのでは? と思うのだけど、本人には年収にこだわりはなく(顔にはあるらしい)、結婚願望は真剣だ。中には「いいな」と思った男性もいる。が、最後の最後で踏み切れないのは、会う男性殆(ほとん)ど全員、結婚観が驚くほど同じだったから、と言う。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック