丸山茂樹 松山英樹の言葉に「?」 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹 松山英樹の言葉に「?」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回は全米オープンで初めて、ラフをなくして、荒れた砂地に草を生やしたエリアが設けられました。USGA(全米ゴルフ協会)によると、昔のゴルフ場に戻すというコンセプトみたいなんですけど、1人とはいえ、9アンダーを出されてしまったということは、USGAの負けでしょう。彼らは優勝スコアをイーブンパー前後と仮定して、セットアップしますからね。

 今大会の前々週に米PGAツアー初優勝を飾った松山英樹は8オーバーの35位でした。初日は6位だったんですけど、ズルズルといっちゃいましたね。

 スイングがちょっとずつズレていったように見えました。まあ、これは誰にでも起こりうること。気になったのは、コースマネジメントの部分です。全米オープンでは、普段の米ツアーより一段上のコースマネジメントが必要になります。英樹は警戒心を持ったり、攻撃的になったり、メリハリをつけるべきだったと思う。とくに「守り」が下手だった気がします。

 最終日の1番パー4で、英樹はダブルボギーをたたきました。2打目をグリーン右に外し、3、4打目と続けて、お椀(わん)を逆さにした形状のグリーンの傾斜に負けて、球が元の位置へ戻ってしまった。試合後のコメントが気になりました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい