本田とザッケローニの間に溝? どうした日本代表

週刊朝日#W杯
 1次リーグ2戦を終えて1分1敗。決勝トーナメント進出へ後がなくなったザックジャパン。聞こえてくる不協和音、早くもはじまった戦犯探し……。わずかに残された可能性にかけて25日のコロンビア戦に挑む!

 ボール支配率68%と圧倒し、16本ものシュートを放ちながら、勝ちきれなかったギリシャ戦。

「結果がすべてなので、勝ち点3をとれなかったことが、何よりも悔しいです」

 試合後の記者会見で本田圭佑はこう語った。

 日本は2試合を終えて1分1敗の勝ち点1。1次リーグ自力突破の可能性が消え、厳しい状況へと追い込まれた。

 現場の雰囲気はどうか。ギリシャ戦を取材したサッカージャーナリストの六川亨氏はこう語る。

「記者会見の際、本田が隣に座ったザッケローニ監督と目を合わせようとせず、しゃべり終わった後、そのまま去っていってしまった。2人の間に距離があるような印象を受けました」

 同じような違和感は試合中にも見られたと六川氏は続ける。

「後半12分、大迫勇也に代わって香川真司がピッチに送られたとき、これまでなら大久保嘉人が務めるはずのワントップに、岡崎慎司が入ることになった。大久保は『俺じゃないの?』というような顔をして、ベンチに確認していました。選手と監督の信頼関係に溝ができていないか心配です」

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック