「アリナミン」日本の疲れに60年、応えてきた 由来は「アリチアミン」

週刊朝日#仕事
 国民の「疲れ」に60年間、応えてきた武田薬品工業のアリナミンシリーズが誕生したのは、高度経済成長が始まった1954年。

 それまで日本では、戦後の復興期で慢性的に栄養が不足していた。エネルギー産生に重要な役割を果たすビタミンB1は、体に吸収されにくい欠点があったが、京都大学の藤原元典教授が、ニンニクから誘導体を発見。ニンニクの学名「アリウム・サティブム」とビタミンB1の化学名「チアミン」を掛け合わせ、「アリチアミン」と名付けた。これがアリナミンの名前の由来だ。研究を進め、安定化させたのが、現在の誘導体「フルスルチアミン」の前身となる「プロスルチアミン」。これを主成分に、アリナミンシリーズ第1号となるアリナミン糖衣錠を世に出した。高度経済成長期での肉体労働に疲れた男性たちに受け、すぐに人気商品となった。

「ただ、このプロスルチアミンには弱点があった。『ニンニク臭』です」(同シリーズのマーケティングを担当する田原光博さん)

 それを和らげたのは、意外にもコーヒーだった。

「ニンニクの利いたステーキを食べた後、コーヒーを飲むと臭みが消えるところから着想しました」(同)

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック