松平健「肉団子、唐揚げ、息子のお弁当を作り、勉強の日々」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

松平健「肉団子、唐揚げ、息子のお弁当を作り、勉強の日々」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2004年に「マツケンサンバII」がヒットしたのは、02年に「暴れん坊将軍」が最終回を迎えてからのことです。それまではイメージを崩す役は受けられなかったのですが、いまは何でも新しいことに挑戦したい。

 むかし勝先生から「常に飢えていろ」と言われたことがありましたが、これは「現状に安心しないで好奇心を持ち続けろ」という意味だと思っています。

 今年の4月からテレビアニメ「暴れん坊力士=松太郎」で声優を務めているのも新しい試み。還暦を迎えても勉強の日々です。

 7月6日からはミュージカル「王様と私」がはじまります。35歳のころにも同じミュージカルで主演を務めていたのですが、当時はまだ若すぎて王様の役を作りこまないといけなかった。見どころのひとつに子供と接するシーンがあるのですが、今は実際に息子がいるので、とても微笑ましく演じられると思います。

 息子は小学2年生になりました。朝早い現場がないときは、お弁当を作るため、遅い時間に仕事を入れてもらっています。肉団子、唐揚げなどを一生懸命、作っています。役者人生の後半戦、まずは子供が成人するまで元気で続けたいですね。

週刊朝日  2014年6月27日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい