元TBSアナ「“女子アナ”という言葉は嫌い」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

元TBSアナ「“女子アナ”という言葉は嫌い」

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉川美代子(よしかわ・みよこ)1954年、神奈川県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。77年、TBS入社。「ニュースコープ」「ニュースの森」「CBSドキュメント」など多数の報道番組のキャスターとして活躍。近年は「ウォッチ!」「朝ズバッ!」などの情報番組のコメンテーターも務めた。2014年5月末に、37年間勤めたTBSを定年退職。TBSアナウンススクールの校長を13年間務めた。6月1日から、キャスト・プラスの役員に就任。著書に『アナウンサーが教える 愛される話し方』(朝日新書)、『ラッコのいる海』(立風書房) (撮影/写真部・工藤隆太郎)

吉川美代子(よしかわ・みよこ)
1954年、神奈川県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。77年、TBS入社。「ニュースコープ」「ニュースの森」「CBSドキュメント」など多数の報道番組のキャスターとして活躍。近年は「ウォッチ!」「朝ズバッ!」などの情報番組のコメンテーターも務めた。2014年5月末に、37年間勤めたTBSを定年退職。TBSアナウンススクールの校長を13年間務めた。6月1日から、キャスト・プラスの役員に就任。著書に『アナウンサーが教える 愛される話し方』(朝日新書)、『ラッコのいる海』(立風書房) (撮影/写真部・工藤隆太郎)

吉川美代子さん(左)と林真理子さん(撮影/写真部・工藤隆太郎)

吉川美代子さん(左)と林真理子さん(撮影/写真部・工藤隆太郎)

 5月末でTBSを定年退社したアナウンサーの吉川美代子さん。退職直前の5月下旬に行った作家の林真理子さんとの対談では、“女子アナ”に先輩として厳しい一言を残した。

*  *  *
林:私、吉川さんがお書きになったこの本(『アナウンサーが教える愛される話し方』)を読んで、感動しちゃいましたよ。最初のころ「俺の原稿を女の声で読ませるな」って言われたんでしょう。そういう苦難の道を歩んできて、定年まできちんと勤めたわけですよね。TBSで女性の管理職は初めてだったんですか。

吉川:いま、局長なんですけど、女性で局長は初めてです。

林:TBS初の女性ニュースキャスターも吉川さんでしょう? 83年から「JNNおはようニュース&スポーツ」を担当したのですが、全国ネットのニュースを女性が読むのは、TBSでは画期的なことでしたね。

林:報道人のトップランナーとして走ってきたわけですね。

吉川:私が失敗したら「やっぱり女はダメだ」となってしまいますから、ものすごいプレッシャーでした。入社5年目に念願の報道担当になりましたが、入社当初から夢の中でも遊びにいっても、考えるのは仕事のことばかり。1日24時間、1年365日、ほんとにストイックに仕事のことしか考えてませんでしたね。

林:そういう時代を生きてきたから、「あ、読み方間違っちゃった」なんて言ってるアナウンサーを見ると……。

吉川:新人時代は週に2本くらいしか番組がなくて、ひとつの仕事に向けてコンディションを整えたり準備をしたりする時間があったんですよ。いまはテレビのバラエティーをやってラジオ番組をやって、さらに報道の深夜勤務もロケもある。しかもCSやBSの番組も担当するので、十分な準備期間がないのも事実です。ただ、それでも1日5分は時間をつくれますよね。「その5分間になんで発声練習をしないの? 新聞を読まないの?」って思うんですよ。

林:前にお目にかかったとき、「女子アナ」という言葉は大嫌いとおっしゃってましたが。

吉川:はい。「女子アナ」って呼ばれたことがないんです。

林:そんなこと言われない世代ですよね。

吉川:「女子アナ」という言葉には、意識していなくてもどこか軽く見下すような響きがあって嫌いです。「女子アナ」と呼ばれて浮かれていないで、プロとしての技術を磨いてほしいのです。

週刊朝日  2014年6月13日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい