会いに行けるアイドル発見! 平日でも200人以上が列をなす“モフモフ”とは?

週刊朝日
抱きたい動物ナンバー1?ホワイトタイガー(雌)4月23日生まれベンガルトラの白変種と言われる希少種。色素が薄く、白い毛、青い目、ピンク色の肉球が特徴。飼育係が赤ちゃんの世話をすうときは、作業服を一度消毒してから小屋のワラをすりつけ、人間のにおいを消すという。そうしないと、母親が育児放棄をしてしまうとか。赤ちゃんは今月から公開中。名前は公募し、7月1日に決める予定(伊豆アニマルキングダム/静岡県東伊豆町稲取3344) (撮影/写真部・松永卓也)
拡大写真

抱きたい動物ナンバー1?ホワイトタイ...

 マゼランペンギンの赤ちゃんを公開中のすみだ水族館(東京都)では、“グレーのモフモフ姿”を一目見ようと、平日でも200人以上の列ができている。

【他のアイドルたちの写真はこちら!】

 伊豆アニマルキングダム(静岡県)ではホワイトタイガーの赤ちゃんを公開中。こちらは世界でも250頭ほどしか存在しない希少種だ。

「今は4キロくらいですが、4、5年で250キロくらいになる」(同動物園営業課)。「うつくし」と愛(め)でられるのは今だけだ。

 動物園にはトリビア的な驚きもたくさんある。「ペンギンは一回の出産で2個卵を産む。性別は血液検査をしないとわからない」「ホワイトタイガーは出産後、1年間の子育て期間は発情しない」。知ってました?

 ちなみに、平日の動物園は意外と大人が多い。動物たちの一日は、本能のまま寝て、食べて、遊んで……。赤ちゃんのみならず、彼らのそんな姿にひたすら癒されに来ているのかも。

週刊朝日  2014年6月13日号

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック