乳がんの麻木久仁子 支えた医師の言葉とは

がん

2014/06/02 07:00

 病気になったら誰しも、腕利きの医師に治療してもらいたいもの。だが不安や悩みを抱える患者にとっては、治療の技術だけでなく、医師の「言葉」が救いになることもある。乳がんを経験した麻木久仁子さんに話を聞いた。

あわせて読みたい

  • がん医療にコロナを持ち込まない 「専用外来」「病院分け」患者守る病院の対策

    がん医療にコロナを持ち込まない 「専用外来」「病院分け」患者守る病院の対策

    AERA

    5/17

    美智子さま、早期の乳がん 手術でがんを取り除けるか

    美智子さま、早期の乳がん 手術でがんを取り除けるか

    dot.

    8/9

  • 小林麻央さんが否定した「遺伝性乳がん」とは? 発症リスク10倍、父娘遺伝も…

    小林麻央さんが否定した「遺伝性乳がん」とは? 発症リスク10倍、父娘遺伝も…

    dot.

    6/24

    乳房切除のアンジーが受けた遺伝子検査とは

    乳房切除のアンジーが受けた遺伝子検査とは

    AERA

    5/25

  • がん患った日テレ記者 闘病で得た「キャンサーギフト」

    がん患った日テレ記者 闘病で得た「キャンサーギフト」

    AERA

    9/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す