乳がんの麻木久仁子 支えた医師の言葉とは

がん

2014/06/02 07:00

 病気になったら誰しも、腕利きの医師に治療してもらいたいもの。だが不安や悩みを抱える患者にとっては、治療の技術だけでなく、医師の「言葉」が救いになることもある。乳がんを経験した麻木久仁子さんに話を聞いた。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す