つんくが患った喉頭がん “声も命も”失わない治療法が普及中

がん

2014/05/18 07:00

 今年2月に音楽プロデューサーのつんく♂さんが診断を受けた喉頭(こうとう)がん(のどのがん)。進行して見つかると喉頭を摘出して、声を失うことになる。しかし、“声か命か”の選択を迫られる状況から、“声も命も”失わずにすむ治療法が普及しつつある。

あわせて読みたい

  • 声のかれで見つかる「のどぼとけ」のがん 治療で声を失うか否かの基準は?

    声のかれで見つかる「のどぼとけ」のがん 治療で声を失うか否かの基準は?

    dot.

    10/20

    ウイルスが原因で起こる「咽頭がん」も! 専門医に聞いた最新動向

    ウイルスが原因で起こる「咽頭がん」も! 専門医に聞いた最新動向

    dot.

    10/16

  • 「しゃべり」も残せる?ワッキーが公表した中咽頭がん 最新の放射線治療の”実力”

    「しゃべり」も残せる?ワッキーが公表した中咽頭がん 最新の放射線治療の”実力”

    dot.

    6/8

    声を失ったつんく♂ 再起を待つ人々

    声を失ったつんく♂ 再起を待つ人々

    週刊朝日

    4/15

  • つんく♂に共鳴 19回目のがん手術を受ける元ミス日本

    つんく♂に共鳴 19回目のがん手術を受ける元ミス日本

    週刊朝日

    5/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す