つんくが患った喉頭がん “声も命も”失わない治療法が普及中 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

つんくが患った喉頭がん “声も命も”失わない治療法が普及中

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年2月に音楽プロデューサーのつんく♂さんが診断を受けた喉頭(こうとう)がん(のどのがん)。進行して見つかると喉頭を摘出して、声を失うことになる。しかし、“声か命か”の選択を迫られる状況から、“声も命も”失わずにすむ治療法が普及しつつある。

 兵庫県在住の戸川雄平さん(仮名・66歳)は、2010年、声のかすれとのどの違和感があったため、近所の耳鼻咽喉科を受診した。ファイバースコープでの検査などにより、喉頭がんの疑いがあると言われ、地元の総合病院を紹介された。

 喉頭がんは、声帯を含むのどぼとけにできるがんだ。患者の9割は喫煙者で、多量の飲酒も関係する。ミュージシャンの忌野清志郎さん、落語家の立川談志さんなどがこのがんで亡くなり、最近では音楽プロデューサーのつんく♂さんが治療を続けている。

 喉頭は、気管と食道が分かれる部位にあり、呼吸と発声に関わる器官だ。食べ物をのみ込むときには気管に蓋をし、飲食物が入るのを防ぐ役割も果たしている。

 戸川さんは、紹介された地元の総合病院での検査で、喉頭がんの一種で左側の声帯にできた声門がんと診断された。早期の場合は手術以外に、放射線治療が可能で、内視鏡によるレーザー治療が選択されることもある。戸川さんは、放射線治療を受け、無事に根治したと思っていた。ところが、翌年同じ部位に再発が見つかり、主治医からは喉頭全摘出手術を勧められた。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい