両親が告発 兵庫中2男子自殺に「指導死」の可能性

出産と子育て

2014/05/15 07:00

 2月22日、兵庫県の中2男子、万壽本(まんじゅもと)拓也君(当時14歳)が自宅で自殺した。遺書はあったものの理由が思い当たらない両親は、学校が行った生徒へのアンケート調査を入手。そこから見えてきたのは、周りの生徒にけしかけられたケンカで拓也君が隣のクラスのA君にケガをさせ、A君の親が警察に被害届を提出した1カ月前の暴力事件だった。警察が学内に入り現場検証をする異常事態が、拓也君を追い詰めた可能性がある。

あわせて読みたい

  • 兵庫中2男子自殺 遺書に「相談?偽善者に何を言えばいいんだ」

    兵庫中2男子自殺 遺書に「相談?偽善者に何を言えばいいんだ」

    週刊朝日

    5/14

    「自殺は子宮頸がんワクチンの影響では?」と出水市教委が発言していた

    「自殺は子宮頸がんワクチンの影響では?」と出水市教委が発言していた

    週刊朝日

    8/27

  • 「加害者と決めつけられた」という声も 110番へのいじめ相談急増

    「加害者と決めつけられた」という声も 110番へのいじめ相談急増

    週刊朝日

    8/27

    「いじめ隠蔽」は人事異動と海外視察が原因か

    「いじめ隠蔽」は人事異動と海外視察が原因か

    週刊朝日

    7/23

  • 兵庫・高2いじめ自殺 「腐った」学校の無責任対応

    兵庫・高2いじめ自殺 「腐った」学校の無責任対応

    週刊朝日

    9/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す