現代に蘇る「花魁道中」 “主役”は地元の大学院生

2014/05/09 11:30

 江戸の世、吉原の遊女の中でも上位の者は、“花魁(おいらん)”と呼ばれていた。美しくも着飾った花魁が、禿(かむろ)や振袖新造などを引き連れ、吉原を優雅に練り歩く花魁道中は、客以外にも、沿道の多くの人の心を惹きつけた。その優美な姿をひと目見ようと、たくさんの見物客が詰めかけたという。

あわせて読みたい

  • 吉原と日本人のセックス四〇〇年史

    吉原と日本人のセックス四〇〇年史

    週刊朝日

    3/28

    オノ・ナツメ×松山ケンイチ×早乙女太一×入江悠『連続ドラマW ふたがしら2』場面写真&コメント到着

    オノ・ナツメ×松山ケンイチ×早乙女太一×入江悠『連続ドラマW ふたがしら2』場面写真&コメント到着

    Billboard JAPAN

    6/2

  • 中国人が消えた 風俗街「吉原」がコロナ禍で存続の危機

    中国人が消えた 風俗街「吉原」がコロナ禍で存続の危機

    dot.

    5/15

    樋口一葉作「大つごもり」にも出てくる「小松菜」は、江戸時代からお雑煮に欠かせない東京野菜

    樋口一葉作「大つごもり」にも出てくる「小松菜」は、江戸時代からお雑煮に欠かせない東京野菜

    tenki.jp

    12/31

  • TSUTAYAの由来はこの人? 江戸のヒットメーカー「蔦屋」に起業の極意を学ぶ

    TSUTAYAの由来はこの人? 江戸のヒットメーカー「蔦屋」に起業の極意を学ぶ

    BOOKSTAND

    3/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す