持って歩くだけで1日の行動を記録できるアプリとは? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

持って歩くだけで1日の行動を記録できるアプリとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#アプリ

 ご紹介するのは、巷で「神」とウワサされるアプリ「Moves(ムーブス)」。iPhoneにもAndroidにも対応しているので、誰でも今すぐ試せる楽しい「道具」だ。なんと「スマホを持って歩く」だけで、日常の「行動」が記録できる。

 何時に歩き始めたのか、どこで電車に乗ったのか、どこで一休みしたのかはもちろん、歩数や走った時間、電車などに乗っていた時間、消費カロリー、移動時間などを設定なしで勝手に記録してくれる。

 スマホは振動を感知する機能や現在地がわかるGPS機能を持っている。これらをフルに活用しているのがこのアプリで、1日持って歩くだけで「記録」が毎日残っていく。移動速度から判断し、「歩く」「走る」「自転車」「交通機関」の違いまでも表示される。

 使い方は簡単。ダウンロードしてホーム画面に表示されたアプリのアイコンを「ちょん」と指先で叩けば、すぐさま働き始めてくれる。メールや通話など、ほかの機能を使っている間もアプリは勝手に働きつづけてくれるのだ。

 旅先や散歩で持ち歩けば、どこを歩いたのかも地図上に線で記録されるので、気ままな街歩きの経路を後日、振り返ることもできる。1日の消費カロリーが一目でわかるし、月ごとに「一番たくさん歩いた日」を表示することもできる。

 数値や位置に多少の誤差はあるので厳密な正確さを求めることはできないが、一度使ってみてソンはナシ!

 つい面白くて歩く距離も伸びるのでダイエット中の人にもおすすめだ。ただし、カロリーを消費するだけでなく、スマホのバッテリーも結構、消費するのでご注意を!

 計測や記録をストップするためにはアプリ画面の「設定」から「追跡記録を中止する」をタップすればOKだ。

週刊朝日  2014年5月9・16日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい