先入観がないのも利点 「警察犬」が迷子の年寄り探しに力発揮 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

先入観がないのも利点 「警察犬」が迷子の年寄り探しに力発揮

このエントリーをはてなブックマークに追加
担当者との相性や絆も大事(※イメージ)

担当者との相性や絆も大事(※イメージ)

 いまや“4人に1人”が65歳以上の高齢者大国ニッポン。認知症による徘徊などで行方不明になる人が増えるなか、その発見に「警察犬」が威力を発揮しているという。 

 警察庁によると全国の警察犬の出動件数は2011年以降3年間で、4754件→4851件→5277件と増加。8年前から2倍以上に伸びている。もちろん迷子になった子どもや山岳遭難者などを含んでいるが、やはり多いのはお年寄りだ。

 例えば、神奈川県警が13年に警察犬を出動させて捜索した行方不明者は359人で、うち半数を65歳以上が占める。今年に入って高齢者を見つけ出したケースは2件。

「警察犬を出動させるかどうかは、時間の経過や天候など不明時の状況を総合的にみて、効果があるような場合は、所轄の警察と話し合って決めます」(同県警鑑識課の木暮勝課長補佐)

 神奈川には表彰回数50回というベテラン警察犬のヴァーラ号(メス・8歳)がいる。昨年8月、やはり自宅から姿を消した80代の男性をわずか30分で見つけ、表彰状とご褒美のビーフジャーキーをもらった。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい