女性の一人暮らし SNS画像アップで個人情報“ダダ漏れ”

 新生活が始まるこのシーズン。一人暮らしを機に、携帯電話をスマートフォンに切り替えた人も多いのでは。しかし防犯を考えると、スマホの使い方にも気を付けなければならない。一人暮らしの子どもを持つ親が注意すべきポイントとは。

 たしかにスマホは便利だが、「使い方によっては個人情報の漏洩などのトラブルに見舞われる危険性がある」と注意喚起するのが、モバイル研究家として知られる青森公立大学経営経済学部准教授の木暮祐一氏だ。

「スマホは通信・通話機能も付いたコンピューターと認識し、セキュリティー対策をしっかりしておきましょう。とくに初心者は無料アプリを次々とダウンロードしてしまいがちですが、悪意のあるアプリもインターネット上にはあふれています。それによってアドレスや電話帳、さまざまな個人情報が抜かれて悪用される恐れもあることに注意が必要です」

 木暮氏が続ける。

「アプリをダウンロードする際に『~の情報を利用します』のような表示が出てきたら、必ず全文を読んでインストールしてよいか判断しましょう。少しでも怪しいと感じたら、入れてはいけません」

 スマホには、プライベートの写真やアドレスなど多くの個人情報が入っている。娘にスマホを持たせるなら、そうした認識やID・パスワード管理の徹底などのリテラシーを教えておきたい。もちろん、紛失や盗難に遭わないように常に気をつけていなければいけないが、万が一のことを考え、紛失した際の対策も万全にしておこう。たとえば、パスワードなどによるロック機能を使うのは基本中の基本と言える。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック