英国・ヘンリー王子は裸がお好き? 黒歴史の数々 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

英国・ヘンリー王子は裸がお好き? 黒歴史の数々

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#麻薬

 王子がストリッパーを膝に抱いた写真は、タブロイド紙に「ダーティー・ハリー」と揶揄(やゆ)された。

 裸がお好きなのか。

 海外セレブの動向に詳しい、ライターの山縣みどりさんは苦笑を交えて話す。

「一昨年、27歳の夏にも、米ラスベガスのホテルで開いたパーティーでストリップ・ビリヤードをして全裸になった王子の写真が、ネットに流出しました」

 英王室は、写真を本物と認めたが、写真を掲載しないように英メディアに要請した。そこで各紙は、王子の姿を文章で詳細に説明し、大衆紙は、ジョーク交じりに「ロイヤル・ジュエルの危機」と報じた。

 ふたりは、エリザベス女王の許可を得て今秋に婚約、来年にはロイヤルウエディングと噂されるのだが。

「クレシダさんは、ピンクのウイッグをつけるなど奇抜なファッションを好む自由な女性です」(多賀さん)

 伝統と格式を重んじる王室に無事、迎えられるか。

週刊朝日  2014年4月11日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい