膵がん 術前治療で長期生存の期待高まる

がん

2014/04/07 07:00

 膵(すい)がんは年間約3万人が発症するが、早期発見が難しく、手術を受けられるのが3割程度にとどまる。根治を見込める治療法は手術に限られ、生存率の低さが課題となっていた。近年、治療における選択肢が増え、根治や長期生存の期待が高まっている。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す