皇太子さま 愛子さまの卒業謝恩会でくるりとひと回り?

 3月18日。皇太子ご夫妻の長女、敬宮愛子さまは学習院初等科を卒業した。

 愛子さまは、卒業記念文集「桜愛集(おうあいしゅう)」に、昨夏参加した静岡県沼部市での遠泳行事で、500メートルを泳ぎ切った体験をつづった。

「沼津での生活は、私に諦めないことの大切さを教えてくれ、大きな自信を与えてくれました」

 式の終了後、ご一家は歩いて、初等科桜愛会の謝恩会が行われる明治記念館に向かった。

 楽しい会だったのだろう。出席者は正面玄関付近で別れを惜しみ、帰ろうとしない。

 皇太子ご一家も思いは同じだ。雅子さまは、児童の母親に丁寧にお辞儀をし、「卒業式の時期になると(愛子さまが)いつもね……」と、母親談義に花を咲かせる。隣では、女の子が愛子さまの袖口を触っては、ふたりで目を見合わせてにっこりする光景も見られた。

 一方で、少し離れて母娘を見守る皇太子さまは、なんとなく所在なさげだ。居合わせた客が思い出し笑いを浮かべる。

「お話し相手を探すように、右や左に視線を漂わせ、くるりとひと回りしてみたり」

 謝恩会は母親の独壇場。ほほ笑ましい、家族のひとコマが垣間見える一日だった。

週刊朝日  2014年4月4日号

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック