歯医者嫌いは“トレーニング外来”で治す? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

歯医者嫌いは“トレーニング外来”で治す?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#健康

 ある疫学調査によれば、全体の55%の人が「歯科治療が嫌い」と答えており、この数字に国際間の差はほとんどないという。そんな「歯科嫌い」の中でも、5%ほどの人は病的に歯科治療に恐怖感を持っており、「歯科恐怖症」という疾患名まで与えられている。

 診察室に入っただけで、あるいは歯科特有の「キーン」という音を聞いただけで、手足が震える、大汗をかく、口を開けられなくなる、嘔吐(おうと)反射が強くなる――などの症状を示す人がいる。中には実際に吐いたり、ひどい場合は意識を失うこともある。

 一方で、近年、口腔環境の悪化と内臓疾患の関係が明らかになるなど、歯科治療が怖いからと言って、放置することが許されない情勢となっていることも事実。何とか恐怖を軽減しながら治療しようという試みが、歯科領域で検討されている。

 東京歯科大学水道橋病院には「リラックス歯科治療外来」という専門外来が設置されている。責任者の福田謙一准教授(麻酔科)に話を聞いた。

「昔から知的障害者を対象とした全身麻酔による歯科治療があり、これを歯科恐怖症の人に対応する形で研究が進んでいきました。重度の恐怖症の人には全身麻酔を行うこともありますが、この外来の基本コンセプトは、歯科に慣れてもらうこと。最終的には自宅近くの歯科医院に通えるようにトレーニングしていくところと考えてほしい」

 歯科に対する恐怖の内容は個人差が大きく、医療側の対応もさまざまだが、最も代表的なのが「鎮静法」とよばれるアプローチ。これは痛みに対する恐怖が強いときに行われるもので、静脈麻酔薬で眠らせてから治療を行い、終わると拮抗薬で麻酔を覚ますというもの。最近は内視鏡検査などでも使う安全性の高い麻酔薬だが、治療する側には苦労もあるという。

「本来の歯科治療の際は、患者は無意識のうちに舌をよけるなど『治療への協力』がある。ところが麻酔で眠っているとそれがない。噛んでほしいときにも噛んでもらえないし(笑)」(福田准教授)

 開業医から「親知らずの抜歯」で紹介されてくる患者も多い。痛みに対する極度の緊張状態に陥っているので、万全の態勢で臨むことになる。

「最初の麻酔の注射を怖がる人には、その前に表面麻酔の貼付剤を使うこともある。でも、ゆっくり注射をしていけば、普通の麻酔で十分効果がある。忙しい開業医は、その時間が取れないだけのこと」(同)

 福田准教授によれば、昭和30年代から40年代生まれの人に歯科恐怖症は多いという。

「ちょうど歯科医が足りない時代に幼少期を過ごしているので、丁寧な治療を受けられなかった世代。そんな経験が『歯医者は怖いところ』というイメージになっている。逆に今の若い人は怖がらないですよ」

 ちなみにリラックス歯科治療外来は一部を除いて自由診療。治療内容や麻酔をかけている時間にもよるが、静脈内麻酔法は3万~5万円、全身麻酔は10万円前後が医療費の目安だ。

 福田准教授によれば、同じ“痛み”に対しても、欧米人は騒ぐ人が多いのに対して、日本人は何とか耐えようとする傾向が強いという。「我慢は美徳」と考える国民性がそうさせるのかもしれないが、それで治療を遠ざけてしまったのでは意味がない。

週刊朝日  2014年3月28日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい