松山英樹がツイッターで「愚か者」と言われた理由 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

松山英樹がツイッターで「愚か者」と言われた理由

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
騒動の翌日の第3ラウンド、ポールターと握手をする松山(左) (c)朝日新聞社 

騒動の翌日の第3ラウンド、ポールターと握手をする松山(左) (c)朝日新聞社 

 英樹はすぐに翌朝、ポールターらに謝りに行った。これで一件落着となりました。英樹は若い。カーッとして、こういうこともしてしまう。一つひとつ、勉強していきゃあいいんです。

 石川遼は、キャデラック選手権の「裏開催」になったプエルトリコ・オープンで19位でした。2年前には2位に入った試合だけに悔しさもあるでしょうけどね。メンツがそろってない試合とはいっても、20位に入ってれば、いい。ちょっと調子がよければ優勝争いですから。

 この試合で優勝したチェソン・ハドリー(米)は昨シーズン、下部のウェブドットコムツアーで賞金王に輝き、初の米ツアー出場権を獲得した選手です。メンツが薄い試合でパッと勝てるのって、本当の実力なんですよね。遼も彼の優勝を目の当たりにして、「追いつきたい」と強く思ったでしょうね。

 さて、英樹はこれでいったん日本へ戻り、東北福祉大の卒業式に出たり、痛めていた左手の検査をしたりして、4月10日開幕のマスターズ(米ジョージア州オーガスタ)に臨みます。4週も試合に出ないことになるので、僕はこの間の試合出場を勧めたんですけどね。まあ、英樹には英樹のやり方がありますから。

 マスターズへのアプローチは選手それぞれですね。フィル・ミケルソン(米)みたいに、必ず前週の試合に出る人もいれば、2週間前にオーガスタへ入って調整する人もいる。僕は両方やってみたんですけど、意外と前週試合に出て、いつもの流れのルーティンでマスターズに臨んだ方が、よかったですね。

 英樹にとって3度目のマスターズ。アマチュア時代のように伸び伸びやってくれれば。英樹には高い球があるし、オーガスタのグリーンが固くなっても対応できる。期待してますよっ!

週刊朝日  2014年3月28日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい