松山英樹がツイッターで「愚か者」と言われた理由 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

松山英樹がツイッターで「愚か者」と言われた理由

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
騒動の翌日の第3ラウンド、ポールターと握手をする松山(左) (c)朝日新聞社 

騒動の翌日の第3ラウンド、ポールターと握手をする松山(左) (c)朝日新聞社 

 3月にアメリカのフロリダで開催されたキャデラック選手権に、松山英樹選手が出場した。ここで起きた「アクシデント」について、プロゴルファーの丸山茂樹氏は次のように話す。

*  *  *
 キャデラック選手権(米フロリダ州トランプナショナル・ブルーモンスター、3月6~9日)に出場した松山英樹(22)は、34位でしたね。

 この試合まで、英樹はプロ転向後の米PGAツアー出場試合で、最低の順位が25位。今回がワーストということになりますけど、これまでが驚異的だったわけで。ただ、今回は池ポチャが堪(こた)えたでしょうね。池の怖さはこれからフロリダシリーズで味わっていくと思うので、嫌悪感を持たずにやっていってくれたらな、と思いますね。

 この試合では、英樹にまつわる騒動がありました。2日目の13番。英樹がグリーン面をパターでたたいて穴ぼこを作り、それを埋めずに14番へ向かった。これを後続組のイアン・ポールター(英)が、160万人ものフォロワーがいるツイッターで「愚か者」とつぶやいたんです。

 ポールターと同組のチャール・シュワーツェル(南ア)のパットのライン上に、その窪(くぼ)みがあったらしいんですね。僕は、ポールターの言ってることは正しいんだけど、何も世界に向けて発信しなくても……と思います。38歳にしては大人げないんじゃないか、と。

 英樹を呼びだして、直接言えばいいのに。まあポールターって、もともとクレーマーっぽいところがあって、あんまり人と接するのが得意じゃないタイプなんですよね。僕自身も、彼とはあまりうまくやれなかった。「変わったヤツだな」と、ずっと思ってました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい