STAP細胞がなぜ歴史を愚弄すると酷評されたか

STAP細胞

2014/02/26 16:00

 小保方晴子(おぼかたはるこ)氏が開発した万能細胞「STAP細胞」の論文が酷評され、掲載を却下されていたことについて、早稲田大学国際教養学部教授で生物学者の池田清彦氏は理由をこう説明する。

あわせて読みたい

  • 池田早大教授「誰か受精卵をストレスに曝す実験しない?」

    池田早大教授「誰か受精卵をストレスに曝す実験しない?」

    週刊朝日

    3/10

    池田早大教授「iPSとSTAPは、こう違う」

    池田早大教授「iPSとSTAPは、こう違う」

    週刊朝日

    2/21

  • 田原総一朗「iPS細胞と超高価薬が突きつける『生命の値段』問題」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「iPS細胞と超高価薬が突きつける『生命の値段』問題」

    週刊朝日

    6/21

    STAP細胞できず「死にそうな細胞の光」と勘違い?

    STAP細胞できず「死にそうな細胞の光」と勘違い?

    AERA

    12/22

  • 脳梗塞が点滴で治る!? iPS細胞とも違う「Muse細胞」夢の再生医療

    脳梗塞が点滴で治る!? iPS細胞とも違う「Muse細胞」夢の再生医療

    週刊朝日

    8/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す