ひどい月経痛には「ピル」が効果的 専門家がすすめるピル活用法

出産と子育て

2014/01/30 07:00

 月経時の下腹部痛など、月経トラブルは女性にとって身近なもの。月経痛で受診した人の約25%が、妊娠力を低下させる原因にもなる子宮内膜症患者だという。日本子宮内膜症啓発会議は「月経痛は病気のサイン」として、早めの受診を呼びかけている。同会議実行委員長で聖路加国際病院副院長の百枝幹雄医師に聞いた。

あわせて読みたい

  • 「月経痛で仕事を休む」は異常なことと専門医が指摘

    「月経痛で仕事を休む」は異常なことと専門医が指摘

    週刊朝日

    10/12

    国内で進む成熟前傾現象 月経の理解を広げるきっかけに

    国内で進む成熟前傾現象 月経の理解を広げるきっかけに

    dot.

    7/17

  • 「ピルを机の上に置かないで」 日本が低用量ピル後進国である3つの理由
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    「ピルを机の上に置かないで」 日本が低用量ピル後進国である3つの理由

    dot.

    7/18

    現代女性は月経が多すぎて病気や不調の原因に 医師がすすめる治療法は?

    現代女性は月経が多すぎて病気や不調の原因に 医師がすすめる治療法は?

    dot.

    3/20

  • ピルの役割は“避妊”だけではない 女性のある悩みの改善も

    ピルの役割は“避妊”だけではない 女性のある悩みの改善も

    AERA

    11/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す