ヨーグルト効果で腸内年齢が20歳若返る? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ヨーグルト効果で腸内年齢が20歳若返る?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 腸内細菌を40年以上研究している理化学研究所イノベーション推進センターの辨野義己(べんのよしみ)氏は、ヨーグルトを食べるようになって2年で腸内年齢が20歳も若返ったという。

*  *  *
 食事については、まず朝が納豆、野菜サラダ、海藻(とくにメカブ)とヨーグルト。昼は米を軽めに、海藻、野菜の煮物、ヨーグルト。夜は肉より魚が多めで、午後8時までに終える。ヨーグルトの摂取量を1日50グラムから始め、徐々に500グラムまで増やした結果、2年後には体重が72キロに減り、体脂肪率21%、中性脂肪値も見事160に! 腸年齢が20歳も若返りました。

 何と言っても、変わったのが便です。うんち界の金メダルである「バナナうんち」、つまり色は黄から黄褐色でバナナの形となりました。これが2、3本、練り歯磨きの硬さ。スルッと出すにも乳酸菌やビフィズス菌が役立つ。これを身をもって体験したわけです。

 ただ、ヨーグルトだけの効果ではありません。「朝はヨーグルトだけ食べているのに便が出ない」と訴える学生もいるのですが、海藻や野菜をしっかりとらないとだめ。これらは食物繊維を多く含むからです。

「食べることは生きること」と言われますが、「出すことこそ生きること」ですよ。積極的に乳酸菌やビフィズス菌をとり、腸内環境をコントロールしてすっきり便を出したいものです。

週刊朝日 2014年1月24日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい