室井佑月氏「山本氏と自民党、どっちが政治利用?」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

室井佑月氏「山本氏と自民党、どっちが政治利用?」

連載「しがみつく女」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 参院議員である山本太郎氏が、東京・赤坂御苑で開かれた秋の園遊会で天皇陛下に手紙を渡し、政界だけでなくマスコミからも批判を受けている。作家の室井佑月氏はこの問題について次のように持論を展開する。

*  *  * 
 10月31日、山本太郎参院議員が園遊会で天皇陛下に手紙を手渡した。このことについて、政治家やマスコミが騒いでいる。

「政治利用そのもので議員辞職ものだ」(下村文部科学相)、「国会議員が踏まえるべき良識、常識というものがある」(太田国土交通相)、「常軌を逸した行動だ。国民の多くも許されざる行為だと怒りを込めて思っているのでないか」(古屋国家公安委員長)、「ご自身の政治パフォーマンスに、わたしたちの天皇陛下を利用した事実ではなかろうか」(野田自民党総務会長)、「自ら出処進退を明らかにするべきだ」(世耕官房副長官)、「見過ごしてはならない」(石破自民党幹事長)

 野党からも批判の嵐。

「議員辞職すべきだとの意見には非常に共感する」(松原民主党国対委員長)、「陛下にそんな振る舞いをするなんて、あってはならないことだ」(日本維新の会共同代表・橋下大阪市長)

 つまり、彼らは「陛下に失礼なことを!」「議員としての自分の立場がわかってるのか!」という二つのことで怒っている。このことについて、あたしは少し疑問に思う。

 園遊会で陛下に直接手紙をお渡しすることが、ものすごく失礼なことであるのなら、なぜ議員らはマスコミの前で騒いでことさら大事にするのか。

 たとえば、陛下が公の場で一般人と直接お話をされる機会があって、その一般人が陛下に不遜な態度や言葉を使ったとする。マスコミが来ていても、そこだけはカットされるだろう。なかったことになる。国民が敬愛する陛下を、貶(おとし)めてしまうかもと判断して。

 ただ、山本さんは、参議院議員である。一般人ではない。それについては共産党志位委員長のコメントが一番適切なのだと思う。

「国会議員が、憲法上の存在である天皇に対して、政治的対応を求める行動をとるというのは、『天皇は、国政に関する権能を有しない』としている憲法を知らない者の行動だ」

 国会議員は憲法を知らなくちゃ、ってこと。

 でも、山本議員を批判している議員だって知っているのか。

 11月2日の東京新聞の社説に載っていた。

「山本氏を批判する自民、民主両党に『天皇の政治利用』を断罪する資格があるのか。最近の例だけでも、自民党が衆院選で開催を公約した『主権回復の日』式典への天皇陛下出席、東京五輪招致に向けた国際オリンピック委員会総会への高円宮妃久子さま出席も、天皇・皇族の政治利用ではないか、と指摘された」

 山本議員は、「(天皇陛下に)子どもたちの被ばくや、原発の収束作業員が最悪の労働環境で作業している実情などを知っていただきたかった」といっている。新聞には、「『日本国民統合の象徴』として国民生活の安寧を祈る天皇に、原発を取り巻く厳しい現状を伝えたい気持ちは分からなくもない」と書かれていた。うん、ほんとにそうだ。

週刊朝日  2013年11月29日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

室井佑月

室井佑月(むろい・ゆづき)/作家。1970年、青森県生まれ。「小説新潮」誌の「読者による性の小説」に入選し作家デビュー。テレビ・コメンテーターとしても活躍。「しがみつく女」をまとめた「この国は、変われないの?」(新日本出版社)が発売中

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい