見落とされがちな若年性アルツハイマー 遺伝的な要因も

介護を考える

2013/10/12 07:00

 全国に462万人はいるとされる認知症患者。高齢化に伴い、ますます増えていくことが予想される。根本的な治療がないのが現状だが、適切なケアで病状が改善していくことも多い。そのためにも、正しい「診断」がカギとなる。

あわせて読みたい

  • 認知症は脳だけの病気ではない 生活習慣病との深い関係

    認知症は脳だけの病気ではない 生活習慣病との深い関係

    AERA

    11/11

    認知症の発症20年前に診断 蓄積する「アミロイドβ」を確認できる検査とは?

    認知症の発症20年前に診断 蓄積する「アミロイドβ」を確認できる検査とは?

    週刊朝日

    6/7

  • 「脳は何歳になっても若返る」医師が教える「認知症」予防&治療

    「脳は何歳になっても若返る」医師が教える「認知症」予防&治療

    週刊朝日

    4/16

    「脳が萎縮していたら認知症?」 検査結果を心配する人に専門医の答えは?
    筆者の顔写真

    大石賢吾

    「脳が萎縮していたら認知症?」 検査結果を心配する人に専門医の答えは?

    dot.

    5/2

  • 「認知症は病名ではない!?」 軽度認知障害と認知症の大きな違いとは?

    「認知症は病名ではない!?」 軽度認知障害と認知症の大きな違いとは?

    dot.

    1/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す