AERA dot.

見落とされがちな若年性アルツハイマー 遺伝的な要因も

このエントリーをはてなブックマークに追加

 全国に462万人はいるとされる認知症患者。高齢化に伴い、ますます増えていくことが予想される。根本的な治療がないのが現状だが、適切なケアで病状が改善していくことも多い。そのためにも、正しい「診断」がカギとなる。

 東京都在住の自営業、荒木寛さん(仮名・58歳)は、取引先との約束を忘れてすっぽかしてしまうなど、仕事でミスが続いていた。「認知症ではないか」と心配した妻の勧めで、荒木さんは脳神経外科を受診。頭部MRI(磁気共鳴断層撮影)を受けたが、脳の萎縮は確認されず、医師からは「過労や精神的な問題ではないか」という説明を受けた。

 しかし、その後も、直前に話していた内容を覚えていないことが繰り返しあったため、荒木さんは妻とともに、日本医科大学病院のもの忘れ外来を受診した。

 担当した山崎峰雄医師が、問診と10分程度の簡単なテストをしたところ、直前の記憶が維持できなくなっていることが判明した。山崎医師は、アルツハイマー型認知症を疑い、脳の血流の状況を詳しく調べる検査(SPECT)を実施することにした。

 認知症は、脳の異常などにより記憶力や判断力が低下し、日常生活を送れなくなる病気だ。日本人にもっとも多いのがアルツハイマー型認知症で、もの忘れの症状から始まることが多い。認知症のほかに、レビー小体型認知症や、血管性認知症などがある。

 診断の基本は問診だ。問診により認知症の疑いがある場合、より正確な診断をするため、記憶力や知能のレベルを点数化するテストを実施するほか、頭部のMRI検査で、脳の萎縮を確認する。さらに詳しく調べるために、SPECTやPET(陽電子放射断層撮影)などの専門的な検査がおこなわれることもあるが、できる病院は限られている。

 SPECTでは、脳のどの部分の血流が低下しているかをみる。荒木さんの脳は、アルツハイマー型の特徴である、脳の頭頂葉(とうちょうよう)や後部帯状回の血流が低下していることが確認された。

 山崎医師は、問診とSPECTの結果を統合し、アルツハイマー型認知症と診断。荒木さんは、病気の進行を遅らせる薬の内服を開始することになった。

 なぜ荒木さんはMRI検査で「脳の萎縮がない」と診断されたのか。山崎医師はこう解説する。

「アルツハイマーかどうかを診断するのによく用いられるMRI検査は、脳のなかで記憶を司る『海馬』などの部位の萎縮を確認します。しかし、荒木さんのような若年性アルツハイマーでは、海馬よりも頭頂葉の萎縮が先に出てくることがあるため、通常のMRI検査では『異常なし』と診断されてしまうことがあるのです」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   介護を考える をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加