ジャニーズとアミューズが独占「好きなミュージシャン調査」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジャニーズとアミューズが独占「好きなミュージシャン調査」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#嵐

 本誌は30代以上の男女計1千人に〈好きな○○〉を問うアンケートを実施。その結果、〈好きな男性俳優〉ランキングで、渡辺謙に次ぐ総合2位に輝いた福山雅治が、〈好きな男性歌手・ミュージシャン〉部門でも、2位に大差をつけ、堂々の総合1位となった。

 男性票に対して女性票が倍以上、しかも俳優部門のときと全く同じ、30代から60代までの女性票はすべてトップだった。何が魅力なのか。

「色気」(60代・女性)
「声がいい。曲もいい」(30代・女性)
「話がおもしろく才能がある」(50代・女性)
「すべて」(40代・女性)

 色気がある、声がいいって、「好きな男性」ランキングのようだ。俳優としても歌手としても男としても、結局モテる福山だった。

 総合2位は、桑田佳祐。50代男性で福山と同票でトップを獲得したほか、40代男性、60代男女で2位など、幅広い層のランキングで上位につけた。好きな理由としては、

「いい歌を作っている」(50代・女性)
「世界に誇る偉大なミュージシャンであり、詩人」(60代・男性)
「長い間飽きない曲がいい」(60代・男性)

 楽曲面を重視する声が多い。そして、今年新曲を発表し、活動を再開したサザンオールスターズも総合4位。こちらも男女、世代の別なく票を集めた。桑田とサザン、合わせると福山を超える。つまり日本では、桑田の歌が好きな人がいちばん多いといえるだろう。

 今回の調査では、桑田のように、グループへの票と、メンバー個人への票が分かれるケースが多くみられた。たとえば、Mr.Childrenと桜井和寿、B'zと稲葉浩志、L'Arc~en~Cielとhydeなど。今回はグループ票と個人票を別に集計したが、合わせるともっと上位になった人も多かった。

 総合3位は嵐。男性票に対して女性票は4倍以上とさすがジャニーズ。

「全員そろって素敵」(50代・女性)
「5人の仲のよさがいろいろな場面でわかるのがいい」(30代・女性)
「個々でもおもしろい」(40代・女性)
「歌からバラエティーまでオールマイティーにできるところ」(40代・女性)

 ジャニーズの先輩グループSMAPは、60・70代女性では嵐を上回る票を集めて5位にランクイン。

「長年にわたりトップアイドル。いつまでも全力投球」(50代・女性)
「私の楽しみの原動力」(50代・女性)

 ところで福山とサザンは同じ事務所のアミューズ所属。ジャニーズとアミューズが5位までを独占したことになる。

週刊朝日 2013年10月18日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい