タワーマンションを活用した相続の「節税術」とは

住宅

2013/09/25 16:00

 来年4月からの消費税増税も気になるが、2015年からの相続「増税」も大きな負担となる。この相続税、現金よりも不動産に替えたほうがはるかにお得であることをご存じだろうか。なぜなら、相続税の税額を決める「相続税評価額」が、土地の場合は購入価格の8割ほど、建物も5~7割程度となり、かなりの節税になるのだ。さらにこれがタワーマンションとなると、節税効果はより高くなるという。

あわせて読みたい

  • タワーマンションで「相続税対策」 評価額を下げる裏技も

    タワーマンションで「相続税対策」 評価額を下げる裏技も

    週刊朝日

    9/2

    なぜ相続対策には「都心のタワーマンション」が最適なのか?

    なぜ相続対策には「都心のタワーマンション」が最適なのか?

    dot.

    3/20

  • 節税対策でどんでん返し? 伝家の宝刀「総則第6項」とは

    節税対策でどんでん返し? 伝家の宝刀「総則第6項」とは

    AERA

    8/18

    物件次第で1千万円節税 相続税の大増税に、タワマンで節税対策

    物件次第で1千万円節税 相続税の大増税に、タワマンで節税対策

    AERA

    3/31

  • 「タワマン節税」防止策、富裕層には誤差の範囲

    「タワマン節税」防止策、富裕層には誤差の範囲

    AERA

    11/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す