これが切り絵? 超極細の紙が織りなす世界 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

これが切り絵? 超極細の紙が織りなす世界

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
幸来蝶8匹の蝶が、未来から幸せを運んで舞ってきた。一枚の紙から切り出された蝶々の群れ。手に取ると、あまりの軽さに今にも飛び立ちそう(撮影/写真部・馬場岳人)

幸来蝶
8匹の蝶が、未来から幸せを運んで舞ってきた。一枚の紙から切り出された蝶々の群れ。手に取ると、あまりの軽さに今にも飛び立ちそう(撮影/写真部・馬場岳人)

切り師 長屋明1967年、千葉県生まれ。寿司職人の笹バラン細工に興味を持ち、独学で切り絵を始める。9月23日(月・祝日)~28日(土)、OKGギャラリー(東京都文京区大塚3-8-16)で個展「切り絵の世界」を開催。栃木県日光市在住(撮影/写真部・馬場岳人)

切り師 長屋明
1967年、千葉県生まれ。寿司職人の笹バラン細工に興味を持ち、独学で切り絵を始める。9月23日(月・祝日)~28日(土)、OKGギャラリー(東京都文京区大塚3-8-16)で個展「切り絵の世界」を開催。栃木県日光市在住(撮影/写真部・馬場岳人)

 一見、線で描かれた絵のようでもある。しかし、これが一枚のコピー用紙と市販のカッターナイフで作った切り絵と聞いても、にわかに信じ難い。最も細い線で約0.1ミリ。切り師・長屋明さんは寡黙にカッターを動かし、紙に潜む線をあらわにしていく。作品にもよるが、約1カ月かけて仕上げる。

【他の作品の写真はこちら】

「切り絵に見えないことを追求してきたものの、最近では切り絵であること自体が伝わりにくくなってしまいました」

 長屋さんは苦笑する。しかし、手に取るとそれは紛れもなく切り絵である。あまりにも軽く、限界まで細く切り出されており、糸のような繊細さに手が震える。

 約30年前、独学で始めた。

「絵はきれいに描けないけど、カッティング次第で絵以上にきれいに仕上がるので、達成感があります。紙とカッターさえあればどこでもできるので長続きしました」

 気付けば、線画と見まごう独自の切り絵の世界を築いていた。

「切っているときがいちばん無心で自由。人に驚いてもらえるのが喜びなんです」

週刊朝日  2013年9月27日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい