相続税 かかる場所、かからない場所 都内は「環八」が分岐点?

遺産相続

2013/09/14 07:00

 2015年1月から「5千万円+1千万円×法定相続人の数」だった相続税の基礎控除が、「3千万円+600万円×法定相続人の数」に縮小し、新たに課税対象となる世帯が増える。特に地価が高い都内では、該当エリアも多いとみられる。

あわせて読みたい

  • 地価減少の郊外は売却を 首都圏で広がる相続税課税エリア

    地価減少の郊外は売却を 首都圏で広がる相続税課税エリア

    週刊朝日

    8/18

    相続税が発生する“最小宅地面積”ランキング 首都圏トップ30は?

    相続税が発生する“最小宅地面積”ランキング 首都圏トップ30は?

    週刊朝日

    8/7

  • 名古屋で相続税の「課税確率」が上昇するのは○○線沿線

    名古屋で相続税の「課税確率」が上昇するのは○○線沿線

    週刊朝日

    9/16

    増税で相続税が払えなくて破産!? 相続税対策の王道とは

    増税で相続税が払えなくて破産!? 相続税対策の王道とは

    dot.

    11/8

  • 2015年4月から相続税「増税」 控除が4割も縮小される場合も

    2015年4月から相続税「増税」 控除が4割も縮小される場合も

    週刊朝日

    8/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す