アンジェリーナ・ジョリーの乳房切除で需要増 遺伝カウンセラー

がん

2013/09/13 16:00

 女性特有のがんにはいろいろな種類があるが、その中には遺伝性のものも含まれる。遺伝性のがんでは、患者自身だけでなく、子どもや孫、きょうだいなどの肉親も同じがんになりやすい遺伝子の異常を受け継いでいることが多い。そのため、患者だけでなく、こうした肉親への通知やケアなども重要だ。医学知識をもとに遺伝やがんのリスクについて説明し、不安や悩みを抱える患者や肉親を支えるのが、遺伝カウンセラーだ。

あわせて読みたい

  • アンジーの乳房切除は見習うべきか?

    アンジーの乳房切除は見習うべきか?

    週刊朝日

    5/30

    小林麻央さんが否定した「遺伝性乳がん」とは? 発症リスク10倍、父娘遺伝も…

    小林麻央さんが否定した「遺伝性乳がん」とは? 発症リスク10倍、父娘遺伝も…

    dot.

    6/24

  • がんなどの遺伝性疾患が不安なあなたが受けるべき「診療」

    がんなどの遺伝性疾患が不安なあなたが受けるべき「診療」

    AERA

    12/16

    アンジェリーナ・ジョリーがきっかけで知られた「乳がん」の正しい知識

    アンジェリーナ・ジョリーがきっかけで知られた「乳がん」の正しい知識

    週刊朝日

    12/16

  • A・ジョリーの予防切除でも話題に 「遺伝性乳がん」8つのチェック項目

    A・ジョリーの予防切除でも話題に 「遺伝性乳がん」8つのチェック項目

    週刊朝日

    12/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す