熟年セックス事情 日本で最多回数は○○地方

 今年の夏は格別に暑かった。高知県四万十市では国内観測史上最高の41.0度を記録。全国で熱中症による救急搬送者は約5万人に達した(8月25日までの速報値)。この猛暑の下で、熟年の既婚者はどんな愛を交わしていたのだろうか。

 本誌は異常な暑さだったこの夏(7~8月) の熟年既婚者の性愛行動を調べるため、アンケートを実施。既婚の男女658人(男性40~70代340人、女性40~60代318人)から回答を得た。

 まず、「この夏、セックスをしたか」という質問には、夫の3人に2人、妻の4人に3人が「していない」と答えた。夫も妻も、大半はセックスレスの夏だった。セックスを「した」人の“相手”は、夫は「妻だけ」(29%)のほかに、「妻以外だけ」と「妻とも妻以外とも」がいずれも3%いた。一方の妻は、「夫だけ」がほとんどで、「夫以外だけ」が1%。「夫とも夫以外とも」が1人(40代、主婦)だけいた。

 セックス「した」人を対象に、主な「場所」を尋ねたところ、妻や夫が相手という人が多かっただけに、「自宅」が大半を占めた。「ホテル」と答えた人の3人に2人は、“相手”が「配偶者以外」だった。

「子どもが部活の合宿に行っている間に、遠慮なく寝室や居間で。主人は、え~、明日あいつ、もう帰ってくるの?なんて残念そうでした」(40代、主婦)

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック