「誰が見ても危ない状態だった」 藤圭子さん最後の映像 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「誰が見ても危ない状態だった」 藤圭子さん最後の映像

このエントリーをはてなブックマークに追加

 高度成長期の1960年代末、日本の歌謡シーンに燦然と登場したのは「怨歌」の藤圭子(62)だった。ほの暗い世界を歌って支持を得た「昭和の歌姫」は、90年代後半、「平成のディーバ」宇多田ヒカル(30)の母として再び脚光を集めた。その彼女が突然、なぜ自ら死を選んだのか。

 ヒカルは98年に、15歳でデビューすると、いきなり800万枚を売り上げ、鮮烈なデビューを飾る。作詞作曲も手がけ、立て続けにミリオンセラーを飛ばした。やがて世界に目を向け、2000年にコロンビア大学に入学。04年には全米デビューを果たした。

 一方で、ヒカルが稼ぎ出す莫大な収入を前に、藤の感覚はおかしくなっていく。06年3月、ニューヨークのJFK国際空港で米司法省麻薬取締局が藤を摘発した。藤が持ち込もうとした米ドルなど現金計約4900万円相当を差し押さえ。麻薬犬が微量の規制薬物も見つけたと報じられた。藤は「違法なカネではなく、麻薬への関与は一切ない」と主張。後に主張は認められ、没収された現金は返却されたが、異常な金銭感覚が世に知られることになった。

「銀行も誰も信用できないと言って、いつも多額の現金をカバンに入れて持ち歩いていた」と話す関係者もいる。藤の最後の映像は、06年の空港での事件後、フジテレビやテレビ朝日でインタビューを受けた際のものだ。その経緯を、フジテレビ関係者が明かす。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい