発掘! 旧日本軍の採用試験にみる軍国主義

2013/08/24 11:30

 時代が大正、昭和と進むにつれて、日本軍の勢いは増していった。軍幹部の登竜門である陸軍士官学校の入学試験の問題も、単なる知識を問うのではなく、軍国主義的な政治色を帯び、国粋主義的、神秘主義的な文言も増えてくる。悲惨な戦争に突入する時期の旧日本軍の試験をジャーナリストの菊池正憲氏が追った。

あわせて読みたい

  • 帝国軍人 公文書、私文書、オーラルヒストリーからみる

    帝国軍人 公文書、私文書、オーラルヒストリーからみる

    週刊朝日

    10/23

    コードネーム「若杉参謀」三笠宮さまの波乱に満ちた人生

    コードネーム「若杉参謀」三笠宮さまの波乱に満ちた人生

    週刊朝日

    11/2

  • 「帰れないかもしれない」と父は身なりを整えた 作家・下重暁子の「二・二六事件」
    筆者の顔写真

    下重暁子

    「帰れないかもしれない」と父は身なりを整えた 作家・下重暁子の「二・二六事件」

    週刊朝日

    3/5

    戦後70年の新事実…旧日本海軍が望んだ「ソ連との提携」

    戦後70年の新事実…旧日本海軍が望んだ「ソ連との提携」

    dot.

    2/14

  • 広瀬隆「なぜ朝鮮戦争が起こったか」
    筆者の顔写真

    広瀬隆

    広瀬隆「なぜ朝鮮戦争が起こったか」

    週刊朝日

    7/31

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す