肌細胞を冷凍保存 将来は年をとっても20代のピチピチ肌を保てる!

アンチエイジング

2013/08/22 07:00

 加齢による肌の老化。クレオパトラの時代から世の女性たちを長年悩ませている問題だが、RDクリニック顧問の北條元治氏(49)は、2030年には肌の再生医療が「当たり前」になり、若返りが可能と語る。

あわせて読みたい

  • 再生医療で「永遠の美」や「不老不死」は実現するか? 専門医が解説

    再生医療で「永遠の美」や「不老不死」は実現するか? 専門医が解説

    dot.

    3/15

    なぜ年をとると肌がシワシワになるのか? シワができるメカニズムと予防法を皮膚科医が解説
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    なぜ年をとると肌がシワシワになるのか? シワができるメカニズムと予防法を皮膚科医が解説

    dot.

    9/17

  • 「終活コン」で2度目の結婚? 超高齢化社会の日本を予想してみた!

    「終活コン」で2度目の結婚? 超高齢化社会の日本を予想してみた!

    週刊朝日

    8/20

    薄髪に育毛剤は逆効果? 専門家がすすめる「お湯シャン」の効果

    薄髪に育毛剤は逆効果? 専門家がすすめる「お湯シャン」の効果

    dot.

    9/10

  • iPS細胞を使った夢の治療 眼の病気で初の実用化が進む理由

    iPS細胞を使った夢の治療 眼の病気で初の実用化が進む理由

    週刊朝日

    4/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す