病巣だけを狙い撃つ 新しい抗がん剤が登場

がん

2013/06/03 07:00

 副作用を抑えつつ、効率よくがん細胞をやっつけることはできないか――がん治療の新薬開発で大きな課題だった。そこで登場したのが、がん細胞のみを狙い撃つ「分子標的薬」や「抗体医薬」と呼ばれる新しいタイプの薬だ。どちらも、この十数年、がん細胞のしくみが解明されるにつれて開発が加速してきた。

あわせて読みたい

  • がん細胞分子狙い撃ちで副作用も軽減 新しい抗がん剤「分子標的薬」

    がん細胞分子狙い撃ちで副作用も軽減 新しい抗がん剤「分子標的薬」

    週刊朝日

    3/31

    医師が悩む高齢者への抗がん剤投与 現場の迷いを受けて学会が指針

    医師が悩む高齢者への抗がん剤投与 現場の迷いを受けて学会が指針

    dot.

    6/19

  • 日本発、薬使ったがんの「第4の治療法」は今年のノーベル賞候補

    日本発、薬使ったがんの「第4の治療法」は今年のノーベル賞候補

    AERA

    10/3

    切除できても再発する「肝がん」 医師が語る“新薬”の実力とは?

    切除できても再発する「肝がん」 医師が語る“新薬”の実力とは?

    週刊朝日

    9/14

  • 抗がん剤だけで乳がんを完治できる? 分子標的薬の効果とは

    抗がん剤だけで乳がんを完治できる? 分子標的薬の効果とは

    週刊朝日

    12/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す