「シェアハウス」型で認知症が改善する?

介護を考える

2013/05/28 11:30

 若者だけではなく高齢者にも広がりつつあるシェアハウスのように、共同生活の役割分担を行うことで、認知症の改善に大きな成果を上げているグループホームがある。

あわせて読みたい

  • 介護費用は在宅と施設で年間200万円も違う!? 家族の負担も考えて判断を

    介護費用は在宅と施設で年間200万円も違う!? 家族の負担も考えて判断を

    dot.

    1/4

    4割以上が介護保険“卒業” 和光市が行う無料支援とは

    4割以上が介護保険“卒業” 和光市が行う無料支援とは

    週刊朝日

    11/6

  • 介護の「質」どう見抜く? プロに聞くアドバイス

    介護の「質」どう見抜く? プロに聞くアドバイス

    AERA

    11/5

    民間・自治体で広がる認知症“予防サービス”と“保険”

    民間・自治体で広がる認知症“予防サービス”と“保険”

    週刊朝日

    6/14

  • 上野千鶴子らも危機感 「介護保険の後退」と現場の大きな失望

    上野千鶴子らも危機感 「介護保険の後退」と現場の大きな失望

    週刊朝日

    2/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す