あれもこれも控除? サラリーマンのための究極節約術

増税

2013/05/20 07:00

 サラリーマンが仕事にかかわる出費を節約する方法は限られている。だが、「会社の経費が落ちず、自腹を切ることが多い」という人であれば、今年から、節税できるチャンスが出てきた。「社内会議が英語なので小遣いをやりくりして英会話教室に通っている」「毎週ゴルフ接待があるが会社では経費扱いにならない」――そんな出費が税務上の経費として認められ、控除の対象になるのが「特定支出控除」という制度だ。『なぜ犬神家の相続税は2割増しなのか』(東洋経済新報社)の著者で、公認会計士・税理士の小澤善哉氏の解説。

あわせて読みたい

  • スーツ代もOK? 会社員にも適用の「特定支出」控除で税金が戻る

    スーツ代もOK? 会社員にも適用の「特定支出」控除で税金が戻る

    週刊朝日

    1/10

    サラリーマンの確定申告 スーツにタクシー代も「特定支出控除」で!

    サラリーマンの確定申告 スーツにタクシー代も「特定支出控除」で!

    週刊朝日

    2/9

  • 「確定申告なんて関係ない」と思う会社員が大損している理由

    「確定申告なんて関係ない」と思う会社員が大損している理由

    ダイヤモンド・オンライン

    2/18

    会社員でも「自腹経費」を確定申告できる? 税金が戻る条件は…

    会社員でも「自腹経費」を確定申告できる? 税金が戻る条件は…

    AERA

    2/24

  • めまぐるしく変化する税制 正しい知識で節税を

    めまぐるしく変化する税制 正しい知識で節税を

    週刊朝日

    5/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す