中西モナ 「エロい」を勲章に3度目の復活 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中西モナ 「エロい」を勲章に3度目の復活

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
(※イメージ)

(※イメージ)

 これまでスキャンダルで2度番組を降板し、結婚後、山本モナから改名し再スタートを切った中西モナ。現在は女性のためのセミナー「オンナの元気塾」を主宰している。

「20代のころって、結婚願望は一切なかったんです。仕事のことしか頭になくて、人と会うにも、仕事のメリットになるか、(取材の)ネタがもらえるか、そんなことばかり考えていました。プライベートの過ごし方や、そのときのボーイフレンドとどうするべきかなんて、何にも考えていなかったですよ。でも今の主人に出会って、考え方が変わったんです。『いいんだよ、そんなにがんばらなくても』って言われましたね」

 2010年に不動産投資会社社長と結婚。翌年に芸能界を引退したが、今年3月、芸能界に復帰した。今回の取材には、昨年7月に誕生した愛娘を抱いて現れた。ヒールのない靴に、柔らかい笑顔だった。

「ただ、仕事をしていない自分を初めて経験したら『これは違うな』と。仕事が私にとってどれほど大きなものだったかを、ひしひしと感じたんです。子どもが生まれたので悩みましたが、そこは主人が背中を押してくれました。みなさん、『いろんなことを乗り越えたから今があるんですよね』っておっしゃってくださいます。でも、いろいろな経験をして考える中で、やりたいことが見つかったというのが一番大きいですね」

 今に至るまでには長い紆余(うよ)曲折があった。05年朝日放送を退社し、翌06年に「筑紫哲也NEWS23」のキャスターに抜擢(ばってき)されるも、政治家との「不倫」が写真週刊誌に報じられて降板。08年に情報番組「サキヨミ」でキャスター復帰を果たすが、プロ野球選手とのスキャンダル報道で再び降板、2度目の謹慎となった。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい