JAL再生のために開催された「コンパ」

2013/03/15 16:00

 京セラや第二電電(KDD)の創業者として知られる稲盛和夫氏(81)が、会社更生法を適用された日本航空(JAL)の再建を引き受けて丸3年が過ぎた。大方の下馬評を覆して業績をV字回復させ、今期限りで取締役を退任する。会長に就任した当初、社員らの意識改革のために稲盛氏は「コンパ」を開催したと言い、当時のことを次のように振り返る。

あわせて読みたい

  • 日航再建にも貢献 稲盛和夫氏が経営で「コンパ」を大切にしたワケ

    日航再建にも貢献 稲盛和夫氏が経営で「コンパ」を大切にしたワケ

    AERA

    11/29

    JAL名誉会長・稲盛和夫 「組織はトップの器以上にならない」

    JAL名誉会長・稲盛和夫 「組織はトップの器以上にならない」

    週刊朝日

    10/22

  • ぴあ社長 「突然の社長辞任要求、稲盛さんのおかげで乗り越えた」

    ぴあ社長 「突然の社長辞任要求、稲盛さんのおかげで乗り越えた」

    週刊朝日

    8/13

    京セラ名誉会長・稲盛和夫流「部下の叱り方」

    京セラ名誉会長・稲盛和夫流「部下の叱り方」

    週刊朝日

    9/30

  • 稲盛和夫流「お酒とのつきあい方」

    稲盛和夫流「お酒とのつきあい方」

    週刊朝日

    11/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す