フィギュア世界選手権 見どころは真央vs.ヨナの一騎打ち 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

フィギュア世界選手権 見どころは真央vs.ヨナの一騎打ち

このエントリーをはてなブックマークに追加
浅田真央(あさだ・まお)1990年、愛知県生まれ。好きなスポーツ選手、好きな有名人ランキングで常に上位の元祖天才少女&国民的アイドルも、もう22歳。宿敵キム・ヨナの復活も「歓迎」とか(撮影/写真部・馬場岳人)

浅田真央(あさだ・まお)
1990年、愛知県生まれ。好きなスポーツ選手、好きな有名人ランキングで常に上位の元祖天才少女&国民的アイドルも、もう22歳。宿敵キム・ヨナの復活も「歓迎」とか(撮影/写真部・馬場岳人)

 今や日本のお家芸ともなったフィギュアスケート。ソチ五輪前、最後の世界選手権(カナダ・3月16日まで)が始まった。五輪直前、女子でメダルが期待される浅田真央の前に立ちふさがるのは、やはりキム・ヨナだ。

【週刊朝日に掲載された写真はこちら】

 昨年12月、2年間試合から姿を消していたヨナが復帰した。それも、今シーズンの世界最高得点(2カ月後に浅田真央が更新)で。ヨナは「ソチ五輪のメダルは考えていない」とコメントしたそうだが、本心とは思えない。ソチまであと1年のこの時期に復帰することが、五輪連覇に最適と、冷静に判断したに違いないからだ。ヨナには、自分と対戦相手に対する客観的な目がある。バンクーバー五輪のショートプログラムで浅田の演技直後に、自信満々の笑みを浮かべていたヨナと、何も変わっていない。

 対する浅田は、銀メダルを手に涙をためていた頃とは違う。得意のジャンプが飛べなくなった。母の急逝という悲しい出来事もあった。でもひたすら練習しつづけた。その甲斐あってジャンプは全盛期に戻りつつある。表現力も深みが増した。ソチでも、再びこの二人の一騎打ちになる可能性が高い。今度こそ、真央ちゃんには、金メダルを手に泣いてほしい。

週刊朝日 2013年3月22日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい