認知症の「もの盗られ妄想」 解決のカギは“聴力”

介護を考える

2013/03/07 07:00

 記憶や判断などの認知機能の障害を認知症の「中核症状」というのに対し、行動や心理に表れる症状を「周辺症状」と呼ぶ。「周辺」といっても介護者にとっては中核症状より負担が大きいこともあり、最近では「認知症に伴う行動異常・精神症状」を意味する「BPSD」という言葉が使われる。

あわせて読みたい

  • 「補聴器をつければすぐに聞こえる」は誤解 注意すべき点は?

    「補聴器をつければすぐに聞こえる」は誤解 注意すべき点は?

    週刊朝日

    11/24

    耳が遠い人ほど認知症になりやすい!? 医師に聞いたその理由とは

    耳が遠い人ほど認知症になりやすい!? 医師に聞いたその理由とは

    dot.

    10/6

  • あなたの「聞こえ」をチェック! 放っておくと認知症リスクが高まる

    あなたの「聞こえ」をチェック! 放っておくと認知症リスクが高まる

    週刊朝日

    11/25

    補聴器で100万円無駄にした人の後悔 「安易にお店で買わないでまずは病院へ」

    補聴器で100万円無駄にした人の後悔 「安易にお店で買わないでまずは病院へ」

    dot.

    4/17

  • 「耳鳴りが続くと耳が悪くなる」は間違い! 最新医学が明らかにした原因とは?

    「耳鳴りが続くと耳が悪くなる」は間違い! 最新医学が明らかにした原因とは?

    dot.

    4/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す