書き方によっては遺族が混乱 もめない遺言書とは

終活

2013/03/11 07:00

 相続税の増税が目前に迫っているが、いざという時のために準備をしておかないと、後々もめることになる。相続税の申告と納付は、被相続人が亡くなった日の翌日から、「10カ月以内」にするものと相続税法で決められている。遺産分割がまとまらない状態でこの10カ月を迎えると、各相続人の取り分が不明のため、配偶者の税額控除の特例などが使えず、ひとまず高額な相続税を支払わなければならなくなる。この「10カ月」で家族を混乱させないために、遺す側が事前にしておくべきこととは。

あわせて読みたい

  • 遺言は自分で書こう 変わる「遺産相続」Q&A

    遺言は自分で書こう 変わる「遺産相続」Q&A

    週刊朝日

    12/8

    遺言書「一切の財産を妻に…」はダメ!? プロが教える効果的な書き方

    遺言書「一切の財産を妻に…」はダメ!? プロが教える効果的な書き方

    週刊朝日

    3/3

  • 介護の貢献で「息子の妻」も対象に! 変わる「相続」制度

    介護の貢献で「息子の妻」も対象に! 変わる「相続」制度

    週刊朝日

    4/13

    相続争いを避ける“七つの知恵” 教育資金に生前贈与も…

    相続争いを避ける“七つの知恵” 教育資金に生前贈与も…

    週刊朝日

    2/18

  • 相続による「争族」を防ぐ! 専門家が作成「家族会議チェックリスト」

    相続による「争族」を防ぐ! 専門家が作成「家族会議チェックリスト」

    AERA

    12/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す