講義中に居眠り姿が続々と 迫力無くした小沢氏

2013/03/05 09:32

 2月28日の施政方針演説で「憲法改正に向けた国民的な議論を深めよう」と呼びかけた安倍晋三首相に対抗し、小沢一郎生活の党代表(70)が同日、所属国会議員らを対象にした「日本国憲法講義」を開いた。会場には、生活の森ゆうこ代表代行(56)や谷亮子参院議員(37)など一部の側近は姿を見せたものの、秘書の代理出席が目立ち、記者もまばら。

あわせて読みたい

  • 過去に一度だけあった「憲法改正」めぐる国民的論議 前東京五輪の年に棚上げされた理由とは?

    過去に一度だけあった「憲法改正」めぐる国民的論議 前東京五輪の年に棚上げされた理由とは?

    dot.

    2/11

    安倍首相の改憲発言連発に与党内から苦言「自重された方がいい」 船田元・改憲本部長代行

    安倍首相の改憲発言連発に与党内から苦言「自重された方がいい」 船田元・改憲本部長代行

    dot.

    9/14

  • 小沢一郎氏「憲法改正は、いかさまみたいな話になる」

    小沢一郎氏「憲法改正は、いかさまみたいな話になる」

    週刊朝日

    6/1

    “ブレブレ”安倍首相の改憲項目 発言から振り返ってみた

    “ブレブレ”安倍首相の改憲項目 発言から振り返ってみた

    AERA

    10/19

  • 公明・遠山議員が改憲案を自民と調整しない理由を独白「国民投票否決は政治的な影響が出る」

    公明・遠山議員が改憲案を自民と調整しない理由を独白「国民投票否決は政治的な影響が出る」

    dot.

    9/30

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す