『美味しんぼ』原作者 「日本は原発事故を忘れている」

原発

2013/02/25 11:30

 週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)での連載30年を迎えた『美味しんぼ』で、今年始まった「福島の真実編」が話題だ。原作者の雁屋哲さんは、1988年にオーストラリアに移住し、日本と行き来しながら創作、執筆活動をしている。日本や世界の食文化をテーマにしてきた『美味しんぼ』で、福島第一原発事故後の福島の過酷な現実を伝えているが、「日本人は原発事故を忘れている」と嘆く。

あわせて読みたい

  • 美味しんぼ鼻血描写は

    美味しんぼ鼻血描写は"福島の真実編"ではなく"福島の差別編"

    BOOKSTAND

    5/12

    美味しんぼ「鼻血問題」に答える

    美味しんぼ「鼻血問題」に答える

    週刊朝日

    4/9

  • 「美味しんぼ」鼻血描写 現地では「出ても言い出せない雰囲気」?

    「美味しんぼ」鼻血描写 現地では「出ても言い出せない雰囲気」?

    週刊朝日

    5/14

    『美味しんぼ』の鼻血描写は本当に真実を描いているのか?

    『美味しんぼ』の鼻血描写は本当に真実を描いているのか?

    BOOKSTAND

    5/9

  • 抗議を受けた室井佑月「あたしの意見は福島差別になるのだろうか」
    筆者の顔写真

    室井佑月

    抗議を受けた室井佑月「あたしの意見は福島差別になるのだろうか」

    週刊朝日

    7/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す