4Kテレビに熱くなる日本政府VS.冷めた見方の放送局

2013/02/21 11:30

 日本政府が「戦略商品」と前のめりになる4Kテレビ。約800万画素で解像度はフルHD(ハイビジョン)の4倍と、今年1月、米国ラスベガスで開催された世界最大の家電見本市CESでも注目の的となった。日本メーカーも海外勢に先駆け、4Kテレビを発売している。東芝が11年12月に55型を、ソニーが昨年11月に84型をそれぞれ送り出した。

あわせて読みたい

  • 4Kテレビ 薄型の教訓生かし狙うは第二の「クルマ」

    4Kテレビ 薄型の教訓生かし狙うは第二の「クルマ」

    週刊朝日

    2/23

    家電ジャーナリスト「4Kテレビは今が買い時」 理由は値頃感と…

    家電ジャーナリスト「4Kテレビは今が買い時」 理由は値頃感と…

    週刊朝日

    6/19

  • 新たなテレビ時代の到来。12月1日スタートの「新4K・8K衛星放送」

    新たなテレビ時代の到来。12月1日スタートの「新4K・8K衛星放送」

    tenki.jp

    9/17

    4Kテレビは新たな「ガラパゴス製品」?

    4Kテレビは新たな「ガラパゴス製品」?

    週刊朝日

    11/23

  • 今や4Kテレビは半額? 家電ジャーナリストのおススメは…

    今や4Kテレビは半額? 家電ジャーナリストのおススメは…

    週刊朝日

    6/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す