古田新太の悩み 好きなのに「ぱみゅぱみゅ」が言えない 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

古田新太の悩み 好きなのに「ぱみゅぱみゅ」が言えない

このエントリーをはてなブックマークに追加

現代の肖像 古田新太 (eAERA) [Kindle版]

神山典士著/今井一詞写真

B00JR5M4YO

amazonamazon.co.jp

 子どもの頃から、アイドルが好きだった俳優の古田新太さん。おニャン子クラブ以降は彼にとって「アイドル不遇時代」だと言い、興味がなくなっていたそうだ。しかし、最近再び気になるアイドルNo.1が出てきた。その名は…。

*  *  *
「きゃりーぱみゅぱみゅ」である。可愛い、チャーミングだ。おいらのアイドル候補No.1である。なのに名前が言えない。「ぱみゅぱみゅ」が絶対発音できない。おいら調べの統計によると、7割の人間が「ぱみゅぱみゅ」を発音できないのだ。なんでそんな名前なんだ。絶対に「ぱみゅぴゃむ」になってしまう。故に「おいら、きゃりーぱみゅぱみゅが好きなんだよねー」と、他人に言わなくなってしまう、好きなのに。

 早口言葉に「外郎(ういろう)売り」の中の一節「武具馬具」というものがある。その「武具馬具」よりも「ぱみゅぱみゅ」の方が難しい。一応書いておくので、口に出して言ってみよう。『ぱみゅぱみゅ、ぱみゅぱみゅ、三ぱみゅぱみゅ、合わせてぱみゅぱみゅ、六ぱみゅぱみゅ』。どうでしょう、言えますか? 我々俳優は、「外郎売り」を暗記して、つらつらしゃべれるように滑舌の訓練をしておるのだが、なのに言えない「きゃりーぱみゅぱみゅ」。もしラジオをやっていたら、絶対CDかけられないな。曲紹介できないもん。

 ま、こんな事を言っててぱみゅぱみゅの曲、一回も通して聞いた事無いんだけどね。まずそこからか。

 今聞いたら、ぱみゅぱみゅってばアイドルじゃないのね。アーティストなんだって。

週刊朝日 2013年2月22日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい